しみを防ぐケアも忘れずに

メコゾーム口コミ

 

 

出来てしまったシミ、メコゾームでのケアで効果を実感している人が増えています。

 

使ってみたら 面白いようにシミが薄くなってゆく!といった声が多いメコゾーム。

 

ですが、メコゾームでのケアと並行して行いたいのがシミの予防ケア。

 

メコゾームをつけているお肌の箇所に刺激にならないように紫外線を避けるためにも、そして新たなシミをつくらないためにも紫外線ケアは欠かせません。

 

せっかくメコゾームでシミをケアしても、新たにシミを作ってしまっては困りますよね。

 

 

シミがお肌にできてしまう原因は様々ですが、紫外線の影響でお肌にメラニン色素が出来てしまうということが多くなっています。

 

そのためにも 日焼け止めなどのUV対策グッズを活用したいところですが、きちんと対策しているのにシミができる、という方も少なくありません。

 

これはなぜでしょうか?

 

 

まず、日焼け止めは 数時間置きに塗り直して使うものです。

 

朝塗ったから日没まで大丈夫、というのは間違えた考えです。

 

日焼け止めで対策しているつもりでも 時間が経つと効力が減って行くだけでなく汗などで落ちてしまいます。

 

ですので こまめな塗り直しが必要となります。

 

 

また、日常生活では うっかりすっぴんの状態で紫外線を浴びてしまうということもありますね。

 

 

しみ,防ぐ,ケア

 

普段 外出時にはちゃんと日焼け止めをつけているという方でも、お休みの日などは家ですっぴんで過ごすこともあるでしょう。

 

 

そんな時に お洗濯物を庭に干したり ちょっと玄関先に出るという際にうっかり、ということも。

 

 

また、日当たりのよい室内で UVカット機能のないガラス窓越しに さんさんと紫外線を浴びているということもあります。

 

ですので、この先 またシミをつくらないためには こういった日常の「うっかり」紫外線をできるだけ予防するようにしましょう。

 

オフの日は日焼け止めを使いたくないという方は UVカットカーテンや帽子などを活用してみましょう。

 

 

しみを防ぐには保湿も

 

しみ,防ぐ,ケア

 

そして UVカット対策だけでなく シミのないお肌づくりには保湿も欠かせません。

 

というのも お肌の乾燥は お肌の本来持っているターンオーバー機能をくずしてしまう原因になるため。

 

ターンオーバーがうまくゆかなくなると お肌の奥に出来てしまったメラニン色素が そのままとどまり、シミとなってゆきます。

 

ですので 保湿をしっかり心がけましょう。

 

また、シミが気にならなくなった後も メコゾームを夜のお手入れで うすくなじませておくと シミ予防ケアにもつながります。